忍者ブログ

since 1990
04 2017/05 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 06
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/14 山]
[09/13 チビッコ@ 追手門前MC]
[11/28 217]
[11/22 JIN]
[11/21 山]

05.24.03:41

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 05/24/03:41

04.20.19:36

音の修羅

どうもギターアンプの調子が悪い。低音弦で変なノイズが出るんで、
とあるショップで原因を調べてもらったが、とくに基盤や配線等に異常は見当たらないということで
最終的にスピーカーの交換を薦められた。
とりあえず現行のスピーカーでは、エミネンスなんかがいいんじゃない?ってなことで
好みの音が得られそうなやつはどんなんかな~?
いろいろ調べてもみたが、今とっても金欠なんでしばらく修理を保留にした。

で、ある日頭にある考えがふっと浮かんだ
そういえば知り合いのDJのコが、個人のオーディオ屋さんとこでスピーカーシステムとかお世話になっていると前に話していたなあ…
そんな人だったら、スピーカーのことに詳しいんじゃないかなあ?なんて勝手に思って
早速DJのコに連絡先を聞いて、その方にお会いすることになった
店は2年ほど前にオープンしたらしいが、オーディオマニアかなんかじゃなければ、まず立ち入らないだろうこだわりの雰囲気をかもし出している。
縦長のとても広いとはいえない店内には、オブジェのような可愛らしいスピーカーや、洋楽のレコード(これは全て外国でプレス・販売されたフルオリジナルにこだわっているらしい。)が整然と並べられていた。

grundig3.jpg





軽く挨拶を済ませると、すぐにノイズの確認に入った。
ギターを持って行ったが、必要ないと言って、店主が周波数を発生させる装置を持ってきた。
それをアンプにつないで周波数を発生させていきます。
「だいたいなんHz(ヘルツ)ぐらい?」とか聞かれたけど、Hzって聞かれてもなぁ、う~ん分からない。。
とにかく低音です…みたいな曖昧な返事をしていたら
ヴォア・ヴォア!!出た!!この音です。
「ははぁ~」とか言いながら、スピーカーユニットを手で触ってなにやら確認している店主。
その後いくつかの仮説を立てながら、点検や修理のプランについて話をしてくださったが
店主は、自分は楽器屋ではなくオーディオ屋だと言い、ギターアンプとオーディオ機器は
まったく相反するものだということを何度かお話されていた。
しかも真空管にいたっては、貴重な真空管をギター弾きがアンプに使うおかげで、現在では市場でなかなかいい物が手に入りづらいとか言って、少々怒っている?怒ってないよね
まあこんな会話の中で、とりあえず入院させて原因を探ってみてくれることになった。

今日はこの辺までのお話にしときますが、
このあと、さらにディープな音づくりの裏側を知ることになってゆくのでした。

しかしまた出会ってしまったな。音の修羅に。

高知にもまだまだいろんな人がいる。

恐るべし。


  By  yama

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら