忍者ブログ

since 1990
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/14 山]
[09/13 チビッコ@ 追手門前MC]
[11/28 217]
[11/22 JIN]
[11/21 山]

10.18.07:21

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 10/18/07:21

12.18.13:03

修羅再び

先日のおびさんイベントの朝、S氏からひょっこり電話があった。
「今日、例のモノを持って現場に行くから」とのことだ。
そういえば前の大御所のライブの打ち上げのときに、そんな話をしていたような…
例のモノとは、ギター・ケーブルのことだ。
S氏は既製品でも自分でモデファイしている方で、色々な曲や演奏シーンに合わせてケーブルをチョイスしたらいいぞと言う。
DSCN5637.JPG







現場でお合いすると、いきなり袋に入ったケーブルをポーンと放り投げてきた。
「ひと月くらい貸しちゃおき使ってみいや!(ニヤリッ)」だって。  …イカス!!

別の日、新入りのテレのメンテで、楽器店に行ってきた。
相手をしてくれたM氏がポットのキャパシタ(コンデンサー)の交換を提案してくれて
いくつかのキャパシタを装着して音を聴き分けてみた。
ハンダを付けては取ってキャパシタを交換して実際に試してみる。
ふ~む。こんな小さな部品でずいぶんと音が変わるもんだ。
エレキギターのサウンドは、本体の木、弦、ピックアップ、金属パーツ、配線材、ハンダの性質等々、数え切れない要素がいくつも重なり合って、必然的に、また偶然的に産み出されているものなんだな。
そして最後に最も重要なのは、やはり弾き手の魂か。
技術のない奴に限ってすぐに心とか魂とか言いたがる。
得てして僕もそう言うタイプ。

何はともあれ、あちこちに音の修羅がおるので恐ろしい。。。
PR

無題

テレキャスの写真

  • 2010年12月21日火
  • ジョージ
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら