忍者ブログ

since 1990
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/14 山]
[09/13 チビッコ@ 追手門前MC]
[11/28 217]
[11/22 JIN]
[11/21 山]

12.15.03:45

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/15/03:45

04.11.20:25

ギター本体の音づくり2

#2 コントロール・パーツ 編

電子パーツについては、CTSのポットやSWITCHCRAFTのジャック等が有名ですが、これらのパーツをパッケージし安価で提供するMontreux(モントルー)というパーツメーカーに近年ハマっています。
私が購入したパッケージには、①CTSポット×3 ②オレンジドロップ・コンデンサ ③CRLセレクタースイッチ ④SWITCHCRAFTジャック ⑤配線コード ⑥Kester44半田 等々が4千円ちょっとで同梱されていました。
このような電子パーツ類は経年に伴い劣化し、ノイズや音漏れ等のトラブル発生の要因となってきますので
接点復活剤等でその場しのぎをするよりも、速やかにパーツの交換をした方が良いと考えています。
まるで新品のパンツをはいたような清々しい気持ちになること間違いなし?です。
中にはクライオ処理をしたセレブなパーツや軍用規格のパーツがあり、特に電導率が優れているといわれていますが
私にはその音を聴き分けることは出来ませんので、あえて採択はしていません。

Montreuxでは電子パーツ以外にも、様々なこだわりパーツを取り扱っており、他のハードウェアを選択する上でも大変重宝するメーカーのひとつとして私は位置づけています。
もちろん日本製でも優秀なパーツはあると思うので、あくまでも私見として紹介させてもらいました。
しかし、パッケージの中には自分の意とは異なるものも含まれており、例えば「オレンジドロップ・コンデンサ」についてもそうです。
 
次回は「キャパシタ(コンデンサ)」をお楽しみ??に!
 
つづく


Montoreux.jpg

















11.Apr.2012

















 
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら