忍者ブログ

since 1990
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/14 山]
[09/13 チビッコ@ 追手門前MC]
[11/28 217]
[11/22 JIN]
[11/21 山]

12.15.04:01

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/15/04:01

02.01.20:29

Swigin'Night

先月19日にB.B.Cafeで行われたLIVE”Swigin'Night”
”Swigin” はB.BのH君曰く、呑んだくれの意だそうです。
H君は「呑んだくれの夜」を演出すべく
このLIVEには特別の意味を持たせたいと思っているそうです。
普段のLIVEと少し線を引いた感じ。
できれば思い思いにおしゃべりなんかしながら、お酒とLIVEを楽しむぐらいのオトナの余裕といいますか
とにかく、あまりLIVEライヴした感じにはしたくないということを常々話していました。
じゃあ、ホールの照明も落として、客席のテーブルにもキャンドルを灯そうよってことになって
よく外国のLIVEパーティーなんかで見るよね、そんなセレブな感じ。
(セレブな感じのお客さんは、う~ん、いたような、いなかったような…)
でもすっごく雰囲気良かったなあ。

しかぁーし!私たち演奏者は「呑んだくれ」になるわけにはいけませんので
我慢×がまん×ガマンで、なんだかコンセプトとは裏腹に、つらいつらい待ち時間です。
メンバーとも、「ビール呑んだ?」「いや、まだ」「一杯だけよ」 けん制球の応酬です。
10年位前には、酒を呑んで演ったほうが、テンションが上がると思っていましたが
とんでもなかったですね。
練習でシェイプした感覚はすべてく無くなるわ、曲の構成は忘れるわ
演奏中もなんのイメージも沸かない状態に陥ってしまう。
BLUESなんて、そんな酔いどれなイメージもあるけれど
お客さんにお金をいただいて演奏するってことは、酔っ払いを見せるってコトじゃあないんだよね。

いい演奏で酔ってもらいたい。酔いたい。
そんな”Swigin'Night” が、ちょいワルなオトナ達の楽しみの一夜になったらいいな。
そんなことを想い浮かべながら、今夜は少し”ひとりSwingin'night"です。

 By yama

 ☆この時のLIVEレポは、Kataoka 君お願いしまーす。

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら