忍者ブログ

since 1990
04 2017/05 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 06
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/14 山]
[09/13 チビッコ@ 追手門前MC]
[11/28 217]
[11/22 JIN]
[11/21 山]

05.30.07:55

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 05/30/07:55

01.24.16:31

RAID BACK

昨夜B.B.cafeでは、高知のRock界の重鎮Kataoka氏並びにArisawa氏でタッグを組んだ新たなバンドのファーストライブが行われました。
K氏は会場にモノホンのヴィンテージアンプの“ベースマン”と、時価んっ百万円ほどもするといわれる“ダンブル”を持ち込み、当然超レアなストラトとレスポールが普通にステージに置かれていました。
ライブ機材もここまでいくと警備を雇わないかんですね。
またA氏もハモンドオルガンをひっさげて、キーボードスタンドがぐらぐら揺れるくらいアグレッシブに弾きたおしていました。カッコイイ―ッ!
K氏はストラトのPUポジションを主にリアとミドルのハーフトーンを好んで使います。
艶のある音の中にもジャリッとした何とも言えないヴィンテージ感が漂っていましたね。

a0fccb9c.jpeg






見てください。ダンブルアンプの上に無造作にに置かれたペットボトルがあります。どういうこと??

7f21088e.jpeg







演者もさることながら、会場に集まったオーディエンス達もそうそうたる顔ぶれです。
バーカウンター付近ではとてもコアな音楽談義が飛び交っていましたので、その矢が飛んでこないように祈りつつ、隠れるようにしてバタード・ホット・ラムをすする私がいました(笑)

この夜はスラップのギタリストさんから「(FOOLの)ブログ見てるよ!」と思いがけない声をかけてもらったり、また、ちょくちょく顔をお見かけするエンジニア?のオニイサンからはなんと、’94年に土佐山村で行われた野外ライヴのFOOLの演奏が録音されたCD-Rをプレゼントしてもらったりと、大変嬉しいことがありました。

「音楽は人なり」ですね。本当に!

大好きなミュージシャンたちに感謝し、また後れを取らぬよう精進せねばなりません。

えらいこっちゃ。

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら